Language selection

検索

カナダ大使館高円宮記念ギャラリー

カナダ大使館地下2階にある高円宮記念ギャラリーでは、絵画、彫刻、写真、テキスタイル、デザインなど、カナダ人の作品を展示しています。日加関係に対する高円宮殿下のご功績を称える記念事業の一環として、2003年4月に現在の名称となりました。

カナダ大使館入館には、政府発行の写真付身分証明書(例: パスポート、運転免許証、国家資格証、在留カード、マイナンバーカード)、または身分証明書2点: 雇用保険証または健康保険証、および有効期限内の写真付身分証明書(例:企業、法人発行のもの)のご提示が必須です。

内容

お問い合わせ

カナダ大使館広報部
〒107-8503
東京都港区赤坂7-3-38
メール: TOKYO.CC@international.gc.ca
Tel:  03-5412-6200
土曜、日曜、大使館休館日は休館。

現在開催中の展覧会 - 2022年6月1日~9月29日 

Extreme. Relay.

Steven Wolf Tail 
Steven Wolf Tail

在日カナダ大使館は、6月のカナダ先住民族歴史月間に際して、「Extreme. Relay. - 伝統を継ぐレース」写真展を開催します。

Extreme. Relay. (「インディアン・リレー」とも呼ばれる)は、北米で生まれたエクストリームスポーツのひとつと言われる、激しく、危険で、スリルに満ちた騎馬競争です。競技する人のほとんどは幼い頃から、ときには歩き始める前から馬に乗り、身体に染み込んだ素晴らしい乗馬技術を持っています。競技者である勇士、戦士、族長は通常、色鮮やかな装束を身に着けて出陣化粧を施し、鞍を付けずに騎乗します。

カナダ人の写真家、ジュリー・ビンセントとジェイソン・ローレンスは数年の間、夏に先住民の間で数世紀にわたって続けられてきた騎馬競争が行われるアルバータ州南部を共に旅しました。彼らは開催されるレースを追いかけ、第1回国際インデイアン・リレー選手権を撮影するため、米国ワシントン州のワラワラにも足を運びました。

二人の写真家は、この展覧会を通して Extreme. Relay. をより多くの方々にご紹介できることを楽しみにしています。この競技の激しさ、危険さ、騎手たちの素晴らしいスキルについては、どれだけ強調してもしすぎることはありません。ご覧になる方に、このスポーツの根底にある、騎手たちとその家族の深い絆、いくつもの先住民コミュニティーに広がりときには国境をも越える繋がり、そして騎手たちの間で育まれる友情を感じ取っていただければ幸いです。 

【 記 】

日時 2022年6月1日(水)~ 9月29日(木

場所 カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
     (東京都港区赤坂7-3-38 地下鉄「青山一丁目」駅より徒歩5分)

入場: 無料

お問い合わせ: カナダ大使館広報部

メディア関係のお問い合わせ tokyo-media@international.gc.ca

カナダ大使館ツイッター、フェイスブックアカウント@CanadaNihon 

備考


今後の展示予定 - 2022年10月7日~12月29日

See Far|Voir loin

視界の先に

ジェフリー・ポワリエ「See Far|Voir loin 視界の先に」(モザイク作品 2022年) 
ジェフリー・ポワリエ「See Far|Voir loin 視界の先に」(モザイク作品 2022年)

在日カナダ大使館は、ジェフリー・ポワリエの展覧会「See FarVoir loin 視界の先に」を開催します。 この展覧会のタイトルは、人と自然環境の関係のはるかな未来を暗喩するとともに、計り知れない広大なカナダの自然そのものをも表しています。

本展覧会は、アーティストが近年深く追求している二つのテーマに基づいた作品で構成されています。そのうちの一つは、ありふれた素材である粘着テープをデジタル編集し、本来の用途をはるかに超えた表象へと導いたものです。もう一つのテーマである梢の写真作品は、鑑賞者の錯覚を呼び起こすように配置され、遊び心に溢れながらも、自然を保護する必要性を私たちに訴えかけます。

ジェフリー・ポワリエは、カナダのケベック州を拠点に活動するビジュアルアーティストです。彼はより新鮮な知覚を求め、インスタレーションを通して空間を捉え直すことに挑戦するプロジェクトを数多く手掛けており、制作に用いる素材やテーマとする概念は、広くエコロジーの領域に根ざしています。

2018年、ポワリエは創作に用いる新しい素材との出会いを求めて、東京のアーティスト・イン・レジデンス・プログラムに参加しました。東京でのリサイクル可能なプラスチック素材との出会いは、彼の創作活動に大きな影響を与えました。本展で展示されている作品はすべて、リサイクル可能なビニールシートを用いて、都内でプリントされたものです。

アーティストの深い信念と最先端のアプローチが融合したこの展覧会は、カナダの現代アートと出会う絶好の機会となるでしょう。

【 記 】

日時: 2022107日(金)~ 1229日(木)

場所: カナダ大使館高円宮記念ギャラリー
     (東京都港区赤坂7-3-38 地下鉄「青山一丁目」駅より徒歩5分)

入場: 無料

お問い合わせ: カナダ大使館広報部

メディア関係のお問い合わせ:tokyo-media@international.gc.ca

カナダ大使館ツイッター、フェイスブックアカウント@CanadaNihon 

備考:

更新日: